住宅購入を検討しているなら|ふじみ野不動産なら安心して任せられる

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 不動産とローンの基礎知識

不動産とローンの基礎知識

住宅模型

資産と自分を守るために

通常、住宅ローンを組んで購入した不動産は、ローンを全額支払わなければ売却できません。ローン返済の途中で売却されてしまっては、融資した銀行は損をしてしまうからです。しかしながら、財産の差し押さえや離職、病気や事故によって収入が途絶え、ローンを支払えなくなってしまうこともあります。こうした場合、住宅の任意売却に向けて銀行側が働き始めることがほとんどです。任意売却は競売と比較されることが多いといえます。たしかにどちらも「ローンの残った物件を売却する」という点では似ていますが、任意売却の方がメリットも多く、銀行側としてもこちらを選ぶことが大半と言えるでしょう。競売では市場価格より低く買われること多いのが特徴です。また、売却直後の退却が求められるケースや、落札されるまでに損害金を支払わなければならないケースもあります。融資をしていた銀行にとっても、家の売り手にとっても、多くのお金が入り損失を少なくできる任意売却はメリットが多いといえるでしょう。大阪には任意売却を扱う弁護士はもちろん、専門業者も多くいます。大阪は東京都も並ぶ大都市で、家の売り手・買い手が多く集まる都市だからこそ、大阪での任意売却には可能性があると言えます。とはいえ、大阪と言ってもすべての物件が即座に買われるわけではありません。任意売却をする時、また考えるときには余裕をもって専門機関に相談すること、手続きを始めたほうが良いでしょう。